自律神経失調症

ziritusinkei.jpg

 

◆自律神経とからだの不調◆

 

自律神経は生きていくうえで、必要不可欠なからだのシステムです。

 

すべての臓器とつながり、全身をコントロールする 司令塔の役割を担っています。

 

からだを活動させる交感神経と緊張をゆるめる副交感神経があります。

 

この二つの神経がバランスよく働くことで生命活動を維持しています。

 

無意識で行っているときの呼吸、心臓の働き、血液循環、消化活動などは、

 

自律神経の働きです。

 

 

自律神経の指令が行き届かなかったら、からだの不調の原因にもなってしまいます。

 

 

 

◆ストレス社会に生きる現代人◆

 

生活習慣の乱れや対人関係などのストレスにさらされると、心身ともに緊張状態に

 

おかれます。

 

 

このような状態は交感神経を刺激して、その働きが強くなってしまう結果となります。

 

 

その一方で、副交感神経の働きは年齢と共に大幅に弱まることが分かっています。

 

 

現代社会においては若い人でもストレスにより交感神経が働き過ぎる傾向にあるため

 

 

自律神経のバランスが乱れ、疲れや不眠などの様々な不調に悩まされることがあります。

 

 

 

◆不調があって病院に検査にいっても異常なしと言われた場合◆

  

何らかの不調があり、病院で検査を受けても異常なしと言われる。だけど、からだの不調は

 

続いていてどうしていいかわからない。そういう方は結構いらっしゃると思います。

 

頭痛で鎮痛剤が手放せないとか、胃の不調で胃薬を服用してもスッキリしないという方、

 

それは自律神経の働きの乱れが原因で不調を引き起こしているのかもしれません。

 

 

 

◆整体サロンでお手伝いできること◆

 

脊髄神経は、背骨(脊椎)と背骨(脊椎)のわずかな隙間から出て全身に張り巡らされ、

 

そして、背骨の両脇には自律神経の束が通っています。

 

背骨のゆがみが、背骨に付随する筋肉を異常に緊張させて神経や血管を圧迫し色々な

 

病気を誘発していると考えられます。

 

そうなる前にあなたの体が治ろうとする力、自然治癒力をドンドン引き出してきましょう。

 

筋肉のコリや張りをとることで骨格は自然な位置に戻ります。

 

背骨をはじめ、全身の骨格を調整してからだの不調の改善をはかります。